ブラックリストに載っていても、お金を借りることができる。

貸金業の登録をしていない闇金融からは、お金をかりることができる。

ただし、このこと自体は、基本的にはお薦めできない。

利息が高い場合もあるし、取り立ても厳しい。

家族や会社などに迷惑がかかる場合もある。

消費者金融でも、どうしても貸付残高を増やしたい場合、その審査が甘くなるケースもある。

登録されている事故の内容にもよるが、延滞などであれば、可能性もないことはない。

企業としては、貸し付けた方が、その借金をちゃんと返済をしてくれることが重要であり、その確信を持つことができるのであれば、貸し付けることもあるかもしれないとのことである。

また、当の本人が、結婚したり養子縁組をしたりして氏名が変わった場合には、新たに借り入れができる可能性があるとのことである。

ブラックリストに載っている状況下で、無理な借り入れをして返済が滞った場合、自分の与信がさらに下がる可能性があるため、できることなら新規の借り入れは避けたい。もちろん、どうしても借金をしなければいけない状況下では、仕方がないのかもしれない。

その場合でも、自己の返済余力と厳し目の返済計画を充分に練って、融資を受けたいものである。